デビューの頃

       

 新風舎文庫の「記念すべきデビュー作シリーズ」記念企画で、都内の書店で参加する作家の皆さん、村松友視さんや藤堂志津子さん、新井満さんなどといっしょにデビュー当時の写真を展示することが決まった。ぼくも1枚写真を提供してほしいと依頼され、探し出したのがこれらの写真だ。『壜の中のメッセージ』が刊行された翌年、1982年に都内のスタジオで写真家の石黒健治氏に撮影していただいたものだ。
 あんまり変わらないような気もするし、ずいぶん変わったような気もするのだが、どうかな?

※サムネイルをクリックすると大きな画像が見られます。