タイトル
カバー
報道番組を舞台に、TV局の報道とそこに生きる人々を圧倒的心理描写で描く クライム・ノベルの金字塔!

テレビ、雑誌、新聞等で話題の新刊、好評重版中。

内容

 あるキー局の看板ニュース番組の顔である、超人気キャスターは絶望的な孤独と苦悩を抱えていた。長年キャスターを続けてきたことによる疲労や個人的にも送られてくる脅迫、組織的に仕掛けられた罠と圧力、別れられない恋人の存在など……ブラウン管を通してではけっして知ることのできない、笑顔の裏にある深く暗い闇。あるとき彼は、生放送中に殺人事件で指名手配を受けている犯人からの電話を受けてしまう。
 内容は、殺人予告だった。
 彼は、すべてを心に抱えて夜十時、カメラの前に立ち続ける……。
 犯罪小説と新しい企業小説の側面を持ち、綿密な取材から産み出された珠玉のノンフィクション・ノベル。

あとがき

「テレビというものは、今やあまりに巨大で誰もその実体を把握している人などいないだろう。だがそのテレビが、社会のありようを決定してしまうのだ。そんなテレビを、ひとつの巨大な生命体として描きたかった」
(「あとがきより抜粋」)