タイトル

 ぼくが「文学メルマ!」に寄せられた『ジーンリッチの復讐』の感想です。初めてメールをくれた方や、しょっ中メールのやりとりをしている方もいます。『ジーンリッチの復讐』はもともとそんなメールのやりとりから生まれた作品で、だから感想メールのいくつかを皆さんに読んでもらいたいと思ったのです。基本的には匿名で、個人的なことが書いてある箇所は省いてます。勝手にメールを引用させていただいた皆さん、ごめんなさい。でもどんな作家も、読者の声に励まされて作品を書くもので、どうかぼくの我が儘をお許しください。
 それから、他にもたくさんメールをいただいてますが、掲載できなかった皆さん、ごめんなさい。なるべくいろいろな種類の感想を掲載したかったので、こういうセレクションになりました。メールはちゃんと読んでいます。
 ぜんぶで11通のメールを紹介しています。右下の「NEXT PAGE」ボタンを押してください。(山川健一)
山川健一からの返信 (メール、どうもありがとう。なのに、返事が遅れてごめんね。感想、とてもうれしかったよ。とても参考になったし。今、『ジーンリッチの復讐』の続編の「オメガポイントの奇蹟」を「文学メルマ!」で連載スタートしたから読んでみて下さい。『ジーンリッチの復讐』の感想、「文学メルマ!」の感想ページにアップしてもいいかな?)
沸点のまま保ち続けさせた
Nao(^o^)

1便

健さん

『オーラが見える毎日』『ジーンリッチの復讐』が、昨日届きました。
その日のうちに『オーラが見える毎日』を読んで
今日は朝から『ジーンリッチの復讐』を読みました。

『ジーンリッチの復讐』の感想は、頭がグニャグニャになった感じ。
とにかく、すごく面白かった。
健さんの小説は16、7册くらい読んでるけど
その中で一番面白かった。
ストーリーも最高だけど、なんといっても登場人物が魅力的。
‥‥‥いや、違う。
『ジーンリッチの復讐』は
登場人物とストーリーが、隙間なく絡みあってるように思う。
あるでしょ?
これって話は面白いけど登場人物がいまいち‥‥って小説。
もちろん、その逆とか。
この『ジーンリッチの復讐』は、登場人物もストーリー展開も隙がなくて、
最初から最後まで、お互いがお互いを、沸点のまま保ち続けさせたって感じ。
‥‥‥‥わけ分からない?
きっとそうだよね。
自分でも支離滅裂だと思うもの。

でも、もう少し辛抱して付き合って下さい。

えーと、頭脳波乗工房のメンバーや、杏里はもちろん
キラーのお兄さんやショックも私は好きです。
山口博士は好きになれないけど、
じゃ、彼は悪かというと‥‥分からないな。
イルカに人間の脳をいれたり、自分のクローンを作ったり
ひどい奴だとは思う。
でもね、私は子供の頃、善悪って両極端なものだと思ってた。
それがある頃から、それってコインの表と裏のようなものだって感じるようになって
そして今回『ジーンリッチの復讐』を読んでみて
善悪って混じりあってるものなのかなって、そう思ったよ。
黒と白のボーダーラインが灰色であるように
善と悪のボーダーラインって、曖昧なんじゃないかな。
そして、誰の心の中にも善と悪と灰色が混じりあって存在するのかなって。
ビー玉みたいにさ。
透明の玉の中に、色が混じりあってるの。

‥‥‥なんだか、また支離滅裂になってきちゃった。

『ジーンリッチの復讐』って
「あー、面白かった」で終わらない小説です。
色々と考えさせられたし、考えなくちゃいけないよね。
食糧難のために植物に動物の遺伝子を組込ませてた、なんて話はゾッとするけど
これって、現在の私達への警告だね。
他にも、かなり難しい部分が沢山あったから、
参考文献に載ってた本を読んで勉強しようと思う。
キラーじゃないけど、自分の無知を実感して、素直に知りたいって思ったよ。
そして『ジーンリッチの復讐』は、癒された、救われたって感じる小説でもある。
だからこそ多くの人に読んでほしい。
だからね、図書館に行ってリクエストしてきました。
いつか誰かが読んでくれることを願って。

『ジーンリッチの復讐』
書いてくれた健さんと、出版社と、関わった人達みんなに感謝します。
ありがとう!!

それから、まとまりのないメールを最後まで読んでくれてありがとう。
(昔から感想文って苦手なの)

次回作も楽しみに待ってます。

追伸

ヒロユキのセリフって健さんの話し方に似てませんか?
私は健さんが話してるのを聞いたのは
「日曜美術館」に出演してる時の一度だけなんだけど
読んでるうちに、何度もあの時の健さんの声を思いだしました。


2便

健さん

> メール、どうもありがとう。

こちらこそ、お返事ありがとう。
しかも

>『ジーンリッチの復讐』の感想、「文学メルマ!」の感想ページにアップしてもいいかな?

本当?
本当に?
読み終わって、かなり感情が高ぶってる状況で書いたものだけど
載せてもらえたら、とっても嬉しいです。
(ちょっぴり恥ずかしさもあるけど)

> 今、『ジーンリッチの復讐』の続編の「オメガポイン
> トの奇蹟」を「文学メルマ!」で連載スタートしたから読んでみて下さい。

うん!!
実はもう読みました。
いきなりキラーが出て来て、ニヤリとしてしまったよ。
キラーって、いっぱい悪いことしてそうだけど
心の奥がとってもピュアな感じで大好き。
将来、キラーみたいな息子がほしいな。
でも、可愛くて子離れできなさそう。
って、そこまで今から心配することないんだけどね。

今回の作品は、3年後っていう設定だけど
イスラエルの爆破事件は、現在の中東とアメリカの状況を考えると
ゾッとするよね。
明日、現実になってもおかしくないところまで、きてるんじゃないかな。
でも、この間テレビで見たけど、イスラエルでも報復に反対して
徴兵を拒否してる若者も少数だけどいるんだよね。
その小さな芽を育てることは、私なんかには出来ないけど
踏みつぶされたりしないように、遠くからでも守ってあげることが出来たらいいな。
ただ、何をどうしたらいいか分からないんだけどね。
間接的にでも、ささやかなことでも
何か出来ることないかなって、これまでは他人事くらいにしか思ってなかった私が
最近になって、そう思ってます。

あっ、長いメールになっちゃった。
最後まで読んでくれてありがとう。

オメガポイントの奇蹟、次回を楽しみにしてます。

じゃあね。
NEXT PAGE>>>