文学とぼくの本
短編小説
19歳の時のデビュー作●天使が浮かんでいた(他 RockPage)

 ティーライトの夜と戦争 ●ぬいぐるみ ●クロアシカ・バーの悲劇(web版インタラクティヴ) 

山川健一の本

『黒革と金の鈴』(メディアパル)の特集ページ。携帯電話の連載から生まれた短編小説集で、7月29日に発売されました。読者の皆さんから寄せられた感想ページをアップしました。是非ともお読みください。

書き下ろし長編小説『歓喜の歌』(幻冬舎)のページへ。

●エッセイ集「死ぬな、生きろ。」(小学館)。若い作家の五十嵐繭子さんにインタビューしてもらったよ。

●小説「ジーンリッチの復讐」(メディアファクトリー)。感想メールです。

「ニュースキャスター」(幻冬舎) 著者インタビュー01クライム・ノベルの金字塔  02相手のことがわかれば優しい気持ちになれるものだよ

「ジゴロ」(幻冬舎文庫)●「カナリヤ」(幻冬舎文庫)●「甘い蜜」(幻冬舎文庫)

「アップルジャム」(中央公論新社)第1章 感想メール集

「b.とその愛人」(実業之日本社)●「ロックンロールの秘密」(Headrok.inc)●「ブルースマンの恋」(中公文庫)●「不良少年の文学」(中央公論新社)●「自転車散歩の達人」(講談社)●「おはよう、ブルースマン。」(TFM出版)●「日曜日のiMac」(I'M HERE books)●「マッキントッシュ・ハイ」(幻冬舎文庫)

「安息の地」(幻冬舎)を巡る対談
対談/五木寛之・山川健一『安息の地』を書いた理由
対談/秋山駿・山川健一 犯罪の奥にひそむもの

"I'M HERE books"

「文学メルマ!」オンデマンド出版

※ぼくは書き下ろし小説『安息の地』で新しい可能性にチャレンジしましたが、それ以前の作品はiNovelと名づけた作品集でお読みいただけます。書店に在庫がない場合は、通販もやってます。インターネットから生まれた、ぼくの宝物だよ。

「iNovel/山川健一作品集」 初期作品集iNovelは全2巻。皆さん、ご協力に感謝します。